【カリテコ】名古屋在住者におすすめのカーシェアリング!カレコと併用で賢く節約!

カリテコ(名鉄協商)のロゴ

「カリテコ」は、名鉄協商が運営する、名古屋市を中心とした東海地方限定のカーシェアリングサービスです(愛知・岐阜・三重・静岡)。名鉄協商は名古屋鉄道(名鉄)の子会社で、名鉄線沿いを中心に時間貸し駐車場を数多く運営しています。

  • 名鉄協商のコインパーキングが「無料」で使える
  • TOICA、manaca、ayucaを会員証にできる
  • カレコとの併用でお得に利用できる
  • ペットを同乗させることができる

カリテコにはこのような地域密着型サービスゆえのオリジナリティ溢れるサービスを展開。特に、カーシェアリング業界シェア3位の「カレコ」に登録している方は、カリテコ登録時に乗車発行手数料無料や2,000円分のクーポンがもらえる特典もあるので、カーシェアリングの複数登録の相手としてもおすすめ。

私は東京在住ですが、東海地方に住んでいたら間違いなく登録しているカーシェアリングです。

カリテコのここがスゴい!登録のメリット

名鉄協商のコインパーキングが「無料」で使える!

なんといってもカリテコの魅力はコレです。カーシェアリングサービスの中で唯一、自社のコインパーキングを無料で使えるサービスを提供しています。

多くの主要カーシェアリングサービスは、運営会社が駐車場を運営し、自社のコインパーキングなどの駐車場内にステーションを設けています。しかし、自社駐車場の利用を優遇するようなサービスはどこもやっておらず、唯一タイムズカープラス会員がタイムズ駐車場利用時に獲得できるポイントが3倍になることぐらいです。

もちろん、名鉄協商のコインパーキングが無料で使えるのはカーシェアリング利用時に限られますが、名古屋、岐阜近辺には名鉄協商のコインパーキングが多く設置されているため、名古屋観光をカーシェアで行う場合は不便なく、駐車料金も発生することなく利用できると思います。

カーシェアリングに限らず、都心部のさまざまな場所を回る際には、駐車料金が地味に発生するため、非東海地方在住者にとっては非常に羨ましいサービスです。

manaca・TOICAを持っている方はすぐに登録・利用可能!

東海地方在住の方にはおなじみの、JR東海が発行するTOICA、名鉄や名古屋市交通局などが販売しているmanaca、岐阜バスが発行するayucaを持っていれば、カリテコの即日登録・即日利用ができます。

すぐに利用できるというアドバンテージだけではなく、財布の中にカードを新たに1枚入れる必要がないというメリットも生まれます。普段持ち歩いている、利用している交通系ICを会員証として利用できることで、利用開始時にうっかり会員証を持ち忘れるというリスクも減らすことができます。また、手持ちのICカードを会員証にする方は、ICカード発行手数料が0円になるので、それらのカードを持っている方は会員証を発行せずに、会員証にした方が良いでしょう。

残念ながら、Suica、PASMO、ICOCAなどの、他エリアの交通系ICには対応していませんが、ICカード発行手数料540円を支払うことで、専用の会員証が登録数日後に送付されます。お急ぎの方は、現地でTOICAを購入してから入会手続きを進めるのも良いでしょう。

利用料金が安い!15分180円、距離料金11円/kmから

カリテコの利用料金抜粋

出典:カリテコ

カリテコの利用料金は他社に比べて安く設定されています。最低利用時間は30分なので、一番安くて360円から利用が可能です。

プランは月額1,030円(無料利用分1,030円が毎月付与)の「デラ乗りプラン」と、月会費無料の代わりに利用料金が少し高めに設定されている「チョコ乗りプラン」の2つが用意されており、利用料金は車種によって異なり、軽自動車の「ミニ」、ヴィッツなどのコンパクトカーの「コンパクト」、プリウスなどのハイブリッドと1,500~2,000cc乗用車の「ミドル」、そして「BMW」の4種類に分かれています。

距離料金は6時間まで無料ですが、それ以降でも距離料金は11~16円/km(BMWは20円)です。

カレコとの相互提携! 関東圏に行く際も便利に

カレコ(リパーク立川柴崎ステーション)

カリテコは、関東圏を中心に展開しているカレコと提携しているため、カリテコ利用者がカレコに登録する際や、カレコ利用者がカリテコに登録する際にいくつかの特典が受けられます。

カリテコの利用者は、カレコを登録する際に発生する初年度年会費(4,800円)と法人の入会金(4,980円)が0円になります。月会費のプランではなく1年縛りの年会費のプランなので、更新月以外にプラン変更や、解約をするとペナルティが課せられるというデメリットもあります。

ベーシックプランを月会費1年間無料で使うことができるため、時々しか関東に訪れない方も、1年間は有料プラン同等のサービスを無料で受けることができます。

反対に、カレコ利用者もカリテコ登録時に特典を受けることができます。個人会員の場合、ICカード発行手数料が無料になり、利用開始月から2ヶ月間、各月1,000円分のクーポンが配布されます。法人会員の場合は、1,000円分のクーポンが5ヶ月間配布され、乗車カード発行手数料も3枚(最大30人分)まで無料です。

北陸・関西・山陰・山陽の駅レンタカーを安く利用できる

カリテコ会員はJR西日本エリアの駅レンタカーを特別価格で利用できる特典が受けられます。

1泊2日のコンパクトカーのレンタルが9,300円と、カーシェアリングと比較すると少し割高感は否めませんが、タイムズカープラスしか展開していない地域がほとんどです。もちろんカリテコも東海地方以外でのサービス展開を行っていないため、旅先では駅レンタカーの特典を利用することも、旅先での移動手段の選択肢の一つに入れておくと良いと思います。

条件付きでペットの同乗が可能

犬の写真

ほとんどのカーシェアリングサービスでは、ペットの同乗が禁止されており、ケージに入れた状態ですら禁止されています。しかし、カリテコは事前に「小動物同乗届出書」をカリテコ・センターに提出することで、ペットを同乗することが可能です。

ただし、許可されたペットに限定されており、ケージに入れなければなりません。提出し許可が降りるまで数日かかるため、ペットを同乗する予定がある方は、余裕をもって申請する必要があります。

BMWやMINIなどの外国車が利用できる

一部のカリテコステーションでは、BMWMINIのような外国車を利用することができます。BMWは特別料金になっており、15分350円からの利用になっていますが、MINIの車種はコンパクトの扱いとなり、15分206円から利用できます。

同じくMINIを提供しているタイムズカープラスの場合は、プレミアムクラスの扱いで15分412円となるため、カリテコでは約半額でMINIを利用することができます。

カリテコのここが残念!デメリットを解説

NOC免除措置やロードサービスがなく補償がやや物足りない

カリテコは車両補償の免責額が0円ですが、オプション補償はなく各種ロードサービスも利用者が実費負担する必要があります。

事故やトラブルなどで車両が利用できない状態になった際に発生するNOC(休業補償)は、自走可能な場合は20,000円、自走不可能な場合は50,000円が請求されますが、これらを免除するオプション補償がなく、そのようなトラブルが発生した際は最低でも20,000円支払う必要があります。

他社には約300円でロードサービスとNOC免除が付帯するオプション補償や、それらが無料で付帯しているサービスもありますが、カリテコはそのような補償が付帯していないため、ロードサービスに物足りなさを感じる方は、別途JAFなどに加入した方が良いでしょう。

各社カーシェアサービスの補償一覧

東海地方でしか利用できない

記事冒頭から何度も言っていますが、カリテコは東海地方でしかサービスが提供されていません。自社の駐車場利用が無料というサービスや、利用料金の安さ、ペット同乗が可能など、他のカーシェアリングとは一線を画するサービス展開をしているため、関東に住んでいる私も非常に羨ましく思うぐらいです。このような良いカーシェアリングサービスは、全国で展開してほしいなと思います。

タイムズカープラスの車両数・ステーション数共に優勢

カリテコは「東海地方限定」のカーシェアリングではあるものの、実はタイムズカープラスの方がステーション数・車両数共にカリテコを上回っている現状です。またその数も「圧倒的に」タイムズカープラスが優勢であるため、「東海地方限定」を謳うカリテコに対し少し拍子抜け感も否めません。全国シェア1位の怪物タイムズカープラスの規模感に改めて驚かされます。

借りやすさ、予約のとりやすさなどを考えると、タイムズカープラスに軍配が上がります。

ステーション数 車両数
カリテコ 304ヶ所 386台
タイムズカープラス
※愛知・三重・岐阜・静岡に限定
495ヶ所 1,012台
タイムズカープラス
※全国
10,459ヶ所 20,985台

(2018年3月現在)

まとめ:カリテコは名古屋近辺在住の方に一番オススメ!

  • 貸出中は名鉄協商の駐車場が無料で利用できる
  • 東海圏の交通系ICがあれば即日登録・利用可能
  • 利用料金は他社に比べてリーズナブル
  • 関東圏に行く際に活躍するカレコをお得に利用できる
  • ペット同乗が可能な唯一のカーシェアリングサービス
  • 他社に比べて補償がやや物足りない
  • 車両数・ステーション数は絞ったタイムズカープラスに劣る

カリテコは、補償の物足りなさや、東海地方でしか利用できないという点を除くと、非常に良いサービスを提供している印象を受けました。多くのカーシェアリングサービスが提供されている関東に住んでいる私でも、カリテコを利用できる東海在住者が羨ましく思えるぐらいです。

やはり、自社の駐車場を無料で利用できることは、他社にもぜひ真似してほしいぐらい優れた点です。駐車料金はガソリン代よりも高くかかってしまう場合があるので、名古屋のような都市部で駐車料金が少し割高な場所では非常に重宝するのではないのでしょうか。

また、利用料金が比較的安いことも注目すべき点です。車両によって利用料金が異なり、最安の車種は軽自動車のみですが、車種にそれほどこだわりがなければ、東海圏で利用できる最安のカーシェアリングサービスはカリテコです。

名古屋近辺に在住の方だけではなく、定期的に名古屋に行く用事のある方には月会費無料のチョコ乗りプランへの登録をオススメします。名古屋近辺は地下鉄や名鉄線などはありますが、やはり車社会の地域であるなと感じますし、行動できる範囲が圧倒的に広がります。名鉄協商の駐車場もさまざまな場所にあるので、旅行者や出張の方にもオススメです。