札幌旅行はカーシェアがおすすめ!レンタカーと併用で行動範囲が更に広がる

タイムズ中島公園ステーション

タイムズ中島公園ステーション

札幌旅行を計画しているあなた、「移動手段はレンタカー」そんな固定概念にとらわれていませんか? 

実は、カーシェアを旅行で活用する方が急増しています。カーシェアは都心部限定のサービスじゃないの?長時間利用ならレンタカーの方がオトクでは?いえいえ、カーシェアを使うことで、今まで見えてこなかった札幌の景色、いわゆる「定番」以外の観光地・レストランに足を運ぶことができます。

ここでは、札幌旅行に「カーシェア」という新しい提案、利用できるサービスやおすすめのポイントを紹介します。

札幌旅行時におすすめしたいカーシェア利用

札幌市内で利用できるカーシェアはタイムズカープラスのみ。残念ながらカレコやオリックスカーシェア(dカーシェア)はサービス展開していません。

しかし、札幌市内だけでも218ヶ所のタイムズステーションがあり、決して札幌駅近辺に集中しているわけでもありません。私がよく利用する中島公園付近のホテルでも、近隣にステーションが複数あります。

カーシェア ステーション数 強み・特徴

タイムズカープラス
218ヶ所 ・札幌でNo.1のシェア(国内シェア第1位)
・短時間利用と利便性の良さが魅力
・札幌市外を含めてもタイムズカープラス一強
Anycaロゴ(120*60)
Anyca(エニカ)
登録数:66台 ・オープンカーや輸入車もラインナップ
・人との出会いがありコミュニケーションを楽しめる
・「わ」「れ」ナンバーではない

※2018年10月31日現在

例えばレンタカーだと、レンタカー用の駐車料金や、1日単位の利用になってしまうため「レンタカーに縛られた行動」しかできなくなります。しかしカーシェアなら、指定のステーションが駐車場所になり、ガソリン代等も負担する必要がない、15分単位で利用できるため、非常にリーズナブルかつ利便性に長けているのです。

実は、札幌駅からちょっとだけ離れた距離に、地元民しか行かない「本当においしい」レストランや料亭が札幌には溢れています。タクシーを利用するには少し遠く、レンタカーを使って行くには不便な場所。その隙間を埋めてくれるのがカーシェアです。

なおAnycaはレンタカーとしての性質が強いため、ここでいう「カーシェア」としての使い方からは外れます。別項をご覧ください。

カーシェアを使った札幌旅行、どんな使い方ができる?

旅行時のちょいのり、プライベート空間を大切にしたい方に札幌でのカーシェア利用は非常におすすめです。札幌は食の宝庫、札幌・すすきのに限らず、名店が近辺に広がっています。例えばこちらは実際にカーシェアを使って行った札幌某店のししゃもの刺身。

小樽で食べたししゃもの刺し身

タクシーを利用するのはもったいない夕方に札幌に到着しレンタカーを借りていないでもせっかくの北海道だから夕飯は贅沢したい。そんなとき、カーシェアが活躍します。旅行初日はついつい無駄に過ごしてしまいがちですが、カーシェアを使うと行動範囲がグッと広がります。

札幌のシェアサイクル(ポロクル)

タイムズカープラスしかサービス展開していない点は残念ですが、札幌ではシェアサイクルも普及しており(地域密着型シェアサイクル「porocle」)、5~10km距離圏内の中距離範囲の交通網は非常に整備されています。

札幌ドームまでカーシェアで行く

札幌ドームまでカーシェアで行く

札幌市内、すすきの近辺から札幌ドームまでカーシェアで行くには「カーシェアとして」ちょうどよい距離なためおすすめです。札幌駅から国道36号線をひたすらまっすぐ進み、進行方向に大きく札幌ドームの屋根が見えてくるため迷うこともありません。

札幌駅から約10km、20分ほど。すすきの・中島公園からなら15分ほどで到着します。ただ夜間は渋滞が起こりやすいため、時間の計算は頭に入れておきましょう。試合時間も加味すると、無難に6時間パックを申し込むか、あるいはタクシーを利用するのがおすすめです。

レンタカーと併用で札幌旅行をさらに楽しく

タイムズレンタカー(中島公園)

レンタカー利用にあたっては、少なくとも「6時間以上の利用」「5人以上で利用」等の条件で、札幌を拠点に各地へ遠出する場合に使うのがおすすめです。

例えば、以下はカーシェアとレンタカーの料金を比較した図です。(タイムズカープラスとタイムズカーレンタル)

カーシェアとレンタカーの料金比較(タイムズカープラスとタイムズカーレンタル)

家族旅行など、ファミリーカーを利用する際にはレンタカーがおすすめですが、カップル、一人旅行、女子旅等で、コンパクトカーを乗り回す場合、かつ6時間以内の利用であればカーシェアがオトクになります。

またカーシェアはガソリン代がかかりません。その代わり「距離料金」というのがかかりますが、6時間以内の利用であれば無料です。惰性でレンタカーを申し込むのではなく、移動距離を計算して綿密に旅行プランを組んでみましょう。

例えば、旅行前半は札幌市内中心の観光(カーシェアや公共交通機関を利用)、後半は札幌市外の観光(レンタカー)など。ここで言いたいことは、「レンタカーを使うな」ということではなく、カーシェアを使えばよりオトクに・柔軟に動けるようになるということです。

カーシェア ステーション数 強み・特徴

タイムズカープラス
218ヶ所 ・札幌でNo.1のシェア(国内シェア第1位)
・短時間利用と利便性の良さが魅力
・札幌市外を含めてもタイムズカープラス一強

※2018年10月31日現在