カレコとdカーシェアを比較!登録するならどっちがお得?

カレコとdカーシェアのロゴ

カレコの国内カーシェアリングのシェアは第3位、dカーシェアは非公表です。dカーシェアはオリックスカーシェアの車両を利用することができるNTTドコモが運営するサービスです。

両者とも王者タイムズカープラスと比較すると会員数や車両数、ステーション数で大きく差を付けられていますが、高級車を多く取り揃えたり、補償を充実させたり、格安プランを用意したりと、他社にはないユニークなサービスを提供している点が特徴的です。

カレコ×dカーシェア比較

カレコ dカーシェア
運営会社 三井不動産リアルティ株式会社 NTTドコモ株式会社
利用可能都道府県 11都府県
(関東・東海・関西・中国・沖縄)
19都府県
(東北・関東・近畿・東海・沖縄)
ステーション数 1,662ヵ所 合計3,643ヶ所
(1,654+1,662+327ヶ所)
車両数 2,794台 合計5,900台
(2,703+2,794+403台)
会員数 73,592人 非公開
国内シェア 第3位 不明
支払い方法 クレジットカード
(Visa、Master、JCB、AMEX、Diners)
ドコモ払い
クレジットカード
(Visa、Master、AMEX)
初期費用 無料 無料
月会費 ベーシック・平日プラン:980円
(無料利用料金980円込み)
学生・法人プラン:無料
無料
利用料金 ベーシック:10分/120円~
(30分以上の予約が必要)
6時間パック/4,020円
15分/220円~
6時間/4,200円
(オリックスカーシェア車両の場合)
距離料金 6時間以内:0円
6時間以上:16円/1km
6時間以内:0円(夜間パック除く)
6時間以上:16円/1km
(オリックスカーシェア車両の場合)
ガソリン代 利用者負担なし
オプション保険 324円/1利用 無料(自動付帯)
ペット 同乗禁止
タバコ 原則全車両禁煙
提携レンタカー ニッポンレンタカー
※最大50%OFF
レンタカー検索サービスを提供
・トヨタレンタカー
・オリックスレンタカー
・ニッポンレンタカー
・日産レンタカー
・Jネットレンタカー
・Budget
・スカイレンタカー
(割引サービス、上級会員制度はなし)

カレコにあってdカーシェアにないもの

月1回以上利用する方にはお得な料金設定

カレコとdカーシェアの利用料金比較

カレコのベーシックプランは月会費が980円発生しますが、月会費と同額の無料利用分が毎月付与されるため、月1,000円以上の利用する方は月会費が実質0円になります。

また、利用料金もdカーシェアに比べて安く設定されているため、月1回以上の利用の方にはカレコのベーシックプランがオススメです。

ただし、退会後1年間は再入会ができない、月会費無料プランからベーシックプラン等に変更後1年間は月会費無料プランへの変更ができないなど、プランに関する制約が多いため、ライトユーザーにはあまりオススメできません。

豊富な車種と充実装備

カレコ(リパーク立川柴崎ステーション)

カレコは、国内の大手カーシェアリングサービスの中で、最も豊富な車種を揃えています。軽自動車から高級車、さらにはキャンピングカーまで揃えており、車両の投入に積極的に力を入れています。

安全装備が備わった車両が多く、最近では自動ブレーキが装備された車両を積極的に取り入れています。予約時に自動ブレーキシステムが搭載された車かどうかを判別することができるようにもなっています。

dカーシェアは、オリックスカーシェアの車両を利用したサービスですが、オリックスカーシェアの車両は全体的に少し古い年式の車が多く、最低限の装備しか備わっていない印象を受けます。安全装備が備わった車に乗りたい方や、高級車に乗りたい方など、乗る車両にこだわりがある方にはカレコがオススメです。

4歳以上が対象のジュニアシートの装備は、大手カーシェアリングサービスはどれも行っていますが、一部車両に0歳から3歳が対象のチャイルドシートを装備しているのは、カレコだけの取り組みです。三井のリハウスの一部店舗でも、カレコ利用者向けにチャイルドシートの貸出サービスを行っています。

他社に先行した先進的な機能

カレコのアプリから貸出手続きを行っている様子

カレコでは、貸出時の解錠・返却時の施錠などの操作を携帯電話のサイト上やアプリ上で行うことができます。

他社のような専用の会員証の場合、うっかりカードを忘れて予約したのに利用開始ができないというケースもありますが、普段持ち歩いている携帯電話上で行えると、そのようなリスクも減ります。

もちろんカレコもバックアップとしてICカードの登録が行えますが、ICカードを持たずに免許証と携帯電話だけあれば利用できるのは、主要サービスの中ではカレコだけなので、その点は非常に先進的に感じます。

アプリ自体の完成度も高く、非常に利用しやすい画面作りになっています。簡単に予約をすることができ、予約の確認、施錠・解錠などもすぐに行うことができます。

また、借りた車についていたキズや車内の汚れの報告も、面倒な電話ではなく、アプリ上から写真付きで送信できる点なども、ユーザー重視のサービス設計だと感じました。

dカーシェアは、自身の持っているICカードを会員証として登録が可能であるため、初期費用が発生せずに登録ができますが、携帯電話上での解錠・施錠などには対応しておらず、利便性はカレコの方が一歩リードしています。

夜間利用でも6時間以内は距離料金無料

深夜の所沢市内の道路

両者とも、6時間以内の利用であれば距離料金は発生しませんが、カレコは夜間パックでも同様に、6時間以内の利用であれば距離料金は発生しないようになっています。

ただし、延長などで利用時間が6時間を超えてしまった場合は、延長分に限らず利用時間分の距離料金が発生してしまうので要注意です。

延長時はお得なプランに自動計算される

カレコでは、貸出開始後に延長を行った場合でも自動的に最も安い料金設定に変更してくれます。

たとえば、12時間プランで予約をした後に、利用中3時間の延長を行った場合は、12時間+3時間(10分料金x18回)よりも、24時間プランの方が安くなるため、自動的に24時間プランに切り替わります。

一方、dカーシェアは、15分単位のショート利用での延長しかできず、延長をすればするほど高額になってしまいます。

平日利用がお得になるプラン

カレコの平日料金(平日)
出典:カレコ

カレコでは、ベーシックプランの他に、平日の利用料金が安く設定されている「平日プラン」が用意されています。

12時間までの利用の場合はベーシックプランと比べて非常に安く、ミドルクラスは他社の約半額である15分100円に設定されています。

平日しか使わない方にとっては非常にお得なプランですが、24時間パックと休日の料金設定が圧倒的に高くなってしまいます。
また、ベーシックプランと平日プラン間の変更には特に制限が設けられておらず、プラン変更の申込みの翌月から適用されます。

dカーシェアにあってカレコにないもの

カレコを含む3社のサービスが使える

dカーシェアは、オリックスカーシェアの車両を利用できましたが、カレコとカリテコの車両も利用できるようになりました。

料金システムは事業者によって異なりますが、利用したいときに近くに車両がないという懸念も少なくなります。

ただし、カレコの車両を利用した場合の料金システムは、月会費無料プランと同等であまりお得とは言えないので、dカーシェアでは基本的にオリックスカーシェアの車両を利用するようにしたほうが良いでしょう。

月会費無料でも利用料金が安い

カレコとdカーシェア(オリックスカーシェア)の料金比較

カレコとオリックスカーシェアは、利用料金を割高にする代わりに月会費を無料にするプランを提供しています。dカーシェア(オリックスカーシェアの車両を利用した場合)は月会費が発生するプランの設定がない上に、利用料金はタイムズカープラスと同等に設定されているため、月会費無料プランの中では最も安い料金設定になっています。

基本的に月会費が発生するプランは、月会費と同額分の無料利用分が毎月付与されるため、毎月月会費以上の利用をする方には月会費が発生するプランへの加入をオススメしますが、月に1回利用するかしないかという方には、月会費が発生しないdカーシェアがオススメです。

充実した補償が無料で付帯

カレコとdカーシェアの補償の比較

カレコとdカーシェアには、NOC(休業補償)の免除や、各種ロードサービスが付帯した補償がありますが、dカーシェアは無料でそれらの補償が自動付帯します。カレコの場合は、1利用につき324円の料金が発生し、申込みの都度、その補償に申し込む手続きをする必要があります。

このような充実した補償が無料で付帯するのもdカーシェアの大きな魅力で、他の大手三社もこのような補償制度は設定していません。

ドコモ払いができる

基本的に、カーシェアリングの登録・利用にはクレジットカードが必須で、その他の支払い方法では原則登録することができません。

dカーシェアはドコモが運営しているサービスであるため、ドコモ払いにも対応しており、間接的に利用料金を銀行口座引き落としで支払うことができます。ドコモを契約している方に限られてしまいますが、クレジットカードがなくても契約ができる唯一のカーシェアリングサービスです。

月イチ以上の利用や車にこだわりがある方はカレコ、時々の利用にはdカーシェアがオススメ

  • カレコの車両の種類は豊富で新しめのものが多い
  • カレコはスマホに特化した先進的なサービスを提供している
  • カレコは6時間以内の距離料金が無料だが延長で超えた途端に全距離分発生する
  • カレコには平日利用が安くなる平日プランも用意されている
  • dカーシェアはオリックスカーシェア、カレコ、カリテコの車両が利用できる
  • オリックスカーシェアの車両を利用した場合は割安
  • カレコの車両を利用した場合の料金は月会費無料プランと同等
  • カレコのオプション補償と同等の補償がdカーシェアには無料で付帯している
  • クレジットカードがなくてもドコモユーザーであれば利用できる唯一のカーシェア

月会費の有無など、特性が大きく異なる点もありますが、全体的に見ると、ヘビーユーザーかライトユーザーかで、どちらのサービスが適しているか異なってきます。

カーシェアを頻繁に利用したい方や、車種などにこだわりがある方、サービスの質を追求したい方にはカレコがオススメです。月会費と同額の無料利用分が毎月付与され、利用料金も安く設定されているほか、幅広い車種を利用することができ、サービス面においても力を入れているため、ヘビーユーザーにはカレコ一択であると言えます。

一方、月会費が発生せず時々しか利用しないであろう方にはdカーシェアがオススメです。充実した補償も無料で付帯しているため、たまにしか運転しない方にも安心ですし、カレコのベーシックプランほどではありませんが、利用料金も月会費無料にしては安く設定されているため、ライトユーザーにはdカーシェア一択であると言えます。

TOP