カレコの退会・休会(プラン変更)手続きの方法と再入会の条件

カレコの解約・月会費無料プランへの変更(休会)は、ウェブ上で簡単に行うことができますが、無料プランへの再変更が12ヶ月間ができない解約後の再入会が12ヶ月間できないなど、いくつかの厳しい制約があります。

他社にはそのような制約はなく、利用頻度が少ない方は躊躇してしまいそうな少し悪質な制度ですが、手続き自体はすんなり行うことが可能です。また、月会費無料プランへの変更も、公式サイト上では書面での手続きが必要であると案内していますが、実はウェブ上からも行うことが可能です。

カレコのプラン変更(休会)・退会に関する制限

カレコの休会・退会の制約まとめ

カレコの休会制度は2018年4月に廃止されてしまいましたが、代わりに「月会費無料プラン」が登場しました。これが事実上の休会制度のようなものですが、ベーシックプランと比べて、利用料金が少し高めに設定されているだけなので、短時間だけ利用したい方でも問題なく使えます。

ただし、月会費無料プランからベーシックプラン・平日プランに変更後12ヶ月間は、月会費無料プランに再度変更することができません。

ベーシックプラン・平日プラン間の変更の制約は設けられておらず、変更手続きを行えば翌月から新プランが適用されます。

解約に関しても制限が設けられており、解約してから12ヶ月間は再入会をすることができません。これは他社にはない大きな落とし穴であり、数ヶ月に1回しか利用しない方にはあまり向いているサービスではありません。

スマートフォン用サイトからプラン変更(休会)・退会をする方法

カレコの解約・月会費無料プランへの変更(休会)は、ウェブ上から行うことができます。カレコのアプリから解約することはできませんが、スマートフォン用のサイトからも解約が可能です。

カレコ公式サイトでの月会費無料プランへの変更に関する記述
出典:カレコ

カレコの公式サイト上では、カレコの休会手続きには書面での手続きが必要だと記されていますが、実は解約手続きのページから、月会費無料プランへの変更をすることが可能です。

カレコの解約をスマートフォン上から行う方法1

カレコのマイページにログイン後、右上にある「会員メニュー」をタップし、「会員情報の確認・変更」をタップします。

カレコに登録されている個人情報が表示されるので、「退会の申請」の項目が出てくるまで下にスクロールします。

カレコの解約をスマートフォン上から行う方法2

退会の申請の項目が出てきたら、「退会申請」をタップします。

ここで、「月会費無料プランへ変更」(休会)と「退会を申請する」を選ぶことができます。

月会費無料プランへの変更も、解約同様に20日までに行えば翌月から変更、21日以降は翌々月からの変更となるのでご注意ください。

それぞれボタンをタップすると、「月会費無料プランへの変更を申請します。」もしくは「一度ご退会をされた場合は1年間再入会ができなくなります。退会を申請いたしますか。」というダイアログが表示されます。OKをタップすると、手続きが完了してしまうので、よければ「OK」、考え直したい場合は「キャンセル」をタップします。

カレコの月会費無料プランへの変更申請完了画面

以上でプラン変更、退会は完了です。確認メールも登録メールアドレスに届きます。

カレコのプラン変更(休会)・退会手続きは簡単

  • プラン変更(休会)・退会手続きはウェブ上で行うことができる
  • カレコに休会制度はないが、月会費無料プランが事実上の休会制度
  • 月会費無料プランから有料プランに変更後、12ヶ月間は再変更ができない
  • 退会後12ヶ月間は再入会ができない
  • ウェブ上での月会費無料プランへの変更は退会手続きのページで行うことができる

カレコは再入会やプラン変更に関する制約が厳しく、数ヶ月に1回などのライトな利用にはあまり向いていないサービスであると言えます。

他社と比べても優れたサービスであるため、12ヶ月間も再入会できなくなると考えると少し躊躇してしまいますが、退会するか悩んでいる方は、月会費無料プランに変更してみるのも良いかもしれません。

公式サイト上の「よくある質問」では、月会費無料プランへの変更は書面での手続きが必要と書かれていますが、退会手続きのページで変更手続きをする「裏ワザ」もあるので、書面での手続きが面倒な方はこの方法を試してみてください。

公式登録ページ 強み・特徴

カレコ
・首都圏に集中し車種が豊富&豪華
・若者向けでサービスが使いやすい
・国内シェア第3位
TOP