オリックスカーシェアとdカーシェアの違い・サービスの比較

オリックスカーシェアとdカーシェアのロゴ

国内第2位のカーシェアリングサービスであるオリックスカーシェアと、NTTドコモが運営するdカーシェアの価格・サービス面などの比較をまとめました。

dカーシェアは、オリックスカーシェアの車両を利用するサービスであるため、一見どちらも同じサービスに思えますが、料金やシステムなどが大きく異なります。dカーシェアは月額料金無料でありながら、オリックスカーシェアよりも優れた部分がいくつかあることから、両者の比較をしてみると意外な面も見えてきます。

タイムズカープラス×dカーシェア比較

オリックスカーシェア dカーシェア
運営会社 オリックス自動車株式会社 NTTドコモ株式会社
利用可能都道府県 19都府県(東北・関東・近畿・東海・沖縄)
ステーション数 1,654ヶ所
車両数 2,703台
会員数 193,182人 非公開
国内シェア 第2位 不明
支払い方法 クレジットカード
(Visa、Master、JCB、AMEX)
ドコモ払い、クレジットカード(Visa、Master、AMEX)
会員証 専用のICカード(発行必須) 自身の交通系IC、おサイフケータイなど(手数料無料)
初期費用 カード発行料:1,000円
(※キャンペーンで無料の場合がある)
無料
月会費 個人Aプラン:980円(無料利用料金980円込み)
個人Bプラン・学生:無料
無料
利用料金 個人Aプラン・学生
15分/200円~、6時間/3,600円
個人Bプラン
15分/300円~、6時間/5,250円
15分/220円~、6時間/4,200円
距離料金 16円/1km (短時間利用も対象) 6時間以内:0円(夜間パック除く)
6時間以上:15円/1km
ガソリン代 利用者負担なし
オプション保険 なし(NOC免除措置はなし) なし(利用料金に含まれる)
ペット 同乗禁止
タバコ 全車両禁煙
提携レンタカー オリックスレンタカー
(ゴールド会員資格が付帯、5%OFFから)
dカーシェアでレンタカー検索サービスを提供
・トヨタレンタカー
・オリックスレンタカー
・ニッポンレンタカー
・日産レンタカー
・Jネットレンタカー
・Budget
・スカイレンタカー
(割引サービス、上級会員制度はなし)

オリックスカーシェアとdカーシェアの共通点:使える車両とサポートセンター

オリックスカーシェアの目立たないステッカー

前述の通り、dカーシェアユーザーがカーシェアリングサービスを利用する際は、オリックスカーシェアの管理している車両を使います。もしも車両にトラブルがあった際や、事故の際もdカーシェアのサポートセンターではなく、オリックスカーシェアのサポートセンターに連絡を入れる必要があります。

もちろん、車両内のルールも共通しているため、オリックスカーシェアで禁止されている全車両禁煙や、ペット同乗禁止といったルールも同じです。

ただし、両方のサービスを登録することができないため、オリックスカーシェアか、dカーシェアどちらかを選んで登録する必要があります。

オリックスカーシェアにあってdカーシェアにないもの

長時間利用が安く設定されている

オリックスカーシェアとdカーシェアの利用料金比較

オリックスカーシェアの一番ポピュラーなプランである個人Aプラン(月額980円)は、長時間料金が安く設定されています。

6時間までの利用の場合だと、dカーシェアは距離料金が発生しないため、走る距離によってはdカーシェアの方が安くなりますが、12時間以上のパックだと2,000円もの差が開きます。

オリックスの月会費無料プランである個人Bプランと比較すると、dカーシェアの方が安くなりますが、月会費分の無料利用分も毎月付与されるため、月に1回以上利用する方にとっては、オリックスカーシェアの個人Aプランがオススメです。

使えば使うほどお得な「プライムステージプログラム」

オリックスカーシェアのプライムステージプログラム

出典:オリックスカーシェア

オリックスカーシェアは6ヶ月間の利用料金に応じて、基本料金が無料になったり、利用料金の割引がされるなどの特典が受けられます。

3万円以上利用で達成するブロンズステージは、月会費無料になるだけですが、6万円以上利用すると、3時間以内の距離料金が無料になったり、デラックスクラスの車両がスタンダードクラスの車両と同料金で利用できるなどのメリットがあります。

半年間で6万円以上の利用は少しハードルが高いですが、カーシェアリングヘビーユーザーにはとてもお得です。

dカーシェアにあってオリックスカーシェアにないもの

月額料金無料ながら良心的な料金設定

月額料金無料のカーシェアリングサービスの利用料金比較

多くのカーシェアリングサービスでは、月会費無料コースの利用料金が、月会費が発生するプランにくらべて割高に設定されています。

オリックスカーシェアの個人Bプラン(月会費無料)は、15分300円、6時間5,250円とかなり割高に設定されていますが、dカーシェアは15分220円、6時間4,200円に設定されています。この価格は、タイムズカープラスの通常会員の利用料金と同水準で、月会費無料のプランの中では良心的な値段設定です。さらに、6時間以内の利用であれば距離料金が発生しない点も、オリックスカーシェアに比べて優れた点です。

同じ車両を利用しているにも関わらず、利用料金の設定がお手頃な値段に設定されているため、月会費の元を取らないであろうライトユーザーは、dカーシェア一択です。

非常に充実した補償サービス

あんしん補償サポート for dカーシェアの補償内容

dカーシェアには、追加料金なしでNOC(休業補償・ノンオペレーションチャージ)の免除や、各種ロードサービスが付帯しています。オリックスカーシェアだけではなく他のカーシェアリングサービスと比較しても、無料でここまで付帯している補償サービスはありません。

オリックスカーシェアも、簡易的なロードサービスは付帯していますが、NOCを免除する補償がなく、追加オプションの充実補償も用意されていないため、事故に遭った場合は必ず2~5万円のNOCを支払う必要があります。

万が一のときにも安心して利用できるのはdカーシェアです。

ドコモユーザーであればクレジットカードがなくても登録ができる

ほぼすべてのカーシェアリングサービスは、クレジットカードの登録が必須ですが、唯一dカーシェアだけは、ドコモの利用料金との合算払い(ドコモ払い)に対応しています。

近隣にオリックスカーシェアのステーションがあってもクレジットカードを持っていない方は、dカーシェア一択です。

自身のカードやケータイを会員証にできる

dカーシェアで自身の携帯電話を使って解錠する様子

オリックスカーシェアは、専用のIC会員証を必ず用意しなければいけませんが、dカーシェアの場合は、自身の持っている交通系ICやおサイフケータイなどを会員証として利用することができます。

いざステーションに着いたときに初めてカードを忘れたことに気づくケースがありますが、日常的に利用しているICカードや普段持ち歩いている携帯電話を会員証にすることで、財布にカードが増えることも、うっかりカードを忘れるリスクも減らせます。

まとめ:ヘビーユーザーにはオリックスカーシェア、ライトユーザーにはdカーシェア

  • オリックスカーシェアとdカーシェアは同じ設備・車両を利用している
  • 2つのサービスを同時に登録することはできない
  • オリックスカーシェアは月会費が発生し、月1回以上の利用で元が取れる
  • dカーシェアは月会費が無料だが長時間利用には不向き
  • 長時間の利用料金はオリックスカーシェアがお得
  • dカーシェアには充実した補償が無料で付帯している
  • 総合的に、利用料金以外のサービス面ではdカーシェアが優れている

オリックスカーシェアは、利用料金が安く設定されていますが、月会費が毎月980円発生してしまいます。月会費と同額の無料利用分も付帯していますが、繰り越すことができず、最低でも月1回以上、980円分の利用をしなければ元を取ることができません。月会費無料である個人Bプランも用意されていますが、利用料金が非常に高く設定されており、ライトユーザーにすらオススメできません。

一方、dカーシェアの場合は、利用料金がタイムズカープラスと同水準に設定されており、実用的かつ良心的な料金設定がされています。6時間以内の利用でも距離料金が発生しないため、6時間以内の利用が多い方や、たまにしか利用しない方など、ライトユーザーにもオススメです。

利用料金以外のサービス面を比較してみると、dカーシェアには、充実した補償が無料で付帯している点や、自身の持っているICカードを会員証として利用できる点、ドコモの携帯利用料金と合算して支払いすることができる点など、オリックスカーシェアにはない優れた部分が多くあることが分かります。

長時間利用が多いヘビーユーザーは、オリックスカーシェアを利用することをオススメしますが、それ以外のライトユーザーや、運転に自信がない方、クレジットカードを持っていない方などにはdカーシェアの利用をオススメします。

おすすめカーシェア 強み・特徴

オリックスカーシェア
・長く使うほど利用料金が安くなる
・休会制度がある唯一のカーシェア
・国内シェア第2位

dカーシェア
・ずっと月額料金無料の唯一のカーシェア
・クレジットカード不要で登録できる(ドコモユーザー)
・無料範囲の補償が最も充実している