カーシェアリングユーザーもETCカードは必携!その理由とオススメカードを紹介

EPOSのETCカード

カーシェアリングのほぼすべての車両には、ETCカードリーダーが標準装備されています。自分の車に取り付けるとなると、機器そのものが5000円~数万円とピンきりですがカーシェアならそれも気にせずお得にETCを利用できます。

あまり乗らないライトユーザーや、高速道路を利用する頻度が少ない方など、ETCの必要性を感じていない方も少なくないですが、実はETCを利用することで非常にお得に高速道路を利用することができます。

カーシェアユーザーにETCカードをオススメしたい理由

沖縄自動車道(車内からの写真)

高速料金の割引が適用される

ETCを利用する一番大きなメリットです。高速道路の事業者により異なりますが、NEXCOの場合は、土日祝は3割引(都心部除く)、0~4時の深夜利用は3割引が適用されます。

最も大きい割引としては、東京と千葉を繋ぐ東京湾アクアラインの通行が挙げられます。普通車の通常料金は3,090円ですが、ETCを利用すると800円に値引きされます。カーシェアは遠距離利用が不向きと言われていますが、ETCを活用すればそれも払拭できます。

スムーズに通行が可能

高速道路の料金所を通過する際、スムーズに入ることが可能です。一般レーンを通る場合、通行券を受け取り、料金所で係員にお金を渡すか、精算機で通行料金の精算を行う必要がありますが、ETCの場合は、カードをETCカードリーダーに挿入した状態で、ETC専用ゲートを20km/hで通過するだけで入出場が可能です。非常に便利なので、一度ETCに慣れてしまうと、一般レーンでの精算に戻れなくなります。

スマートICから出入りが可能

近年、ETC専用のICである「スマートIC」が増えつつあります。無人かつ省スペースで運用することが可能であることから、主にサービスエリアに併設されていたり、利用人口が少ない地方などで採用されています。

まだまだスマートICが利用できる場所は限られていますが、郊外の商業施設付近に設けられるケースも増えています。

クレジットカードのポイントが貯まる

ETCカード利用時は、ショッピングのときと同様にクレジットカードのポイントが貯まります。

ETCカードへの疑問に一問一答!

タイムズくすのき台ステーションカローラフィールダーのETC

ETCカードの申し込みはどうすればいいの?

クレジットカード会社から申し込みを行います。基本的に、ETCカードだけを申し込むことはできないので、クレジットカードに紐付ける形で発行することになります。中には、クレジットカードとETCカードが一緒になった一体型カードもありますが、ほとんどの場合は、ETCカードとクレジットカードは別カードになっています。

すでに持っているクレジットカードにETCカードを追加したい場合は、クレジットカード会社の利用者向けページ、もしくはクレジットカード会社のコールセンターから申し込みができます。

ETCの発行手数料、年会費は?

発行手数料や年会費が発生するETCカードはありますが、その多くは500~1,000円程度です。発行手数料だけ発生し、年会費は無料のカードもあります。

もちろん、発行手数料・年会費が無料のカードもありますし、利用条件によっては年会費が無料で利用できるカードがあります。

クレジットカードを発行せずにETCカードを発行するには?

クレジットカードを通さずに、銀行口座から引き落としすることができる「ETCパーソナルカード」と呼ばれるものがありますが、オススメはしません。

なぜなら、年会費が1,234円も発生し、毎月の平均利用額の4倍をデポジットとして預託しなければならないからです。たとえば、月に5,000円程度利用する場合は、20,000円をデポジットとして預ける必要があります。さらに、デポジット額の70%(20,000円のデポジットの場合は14,000円)に達した場合、別途20,000円のデポジットが口座から引き落とされ、利用額がデポジットの80%を超えた場合は、利用が一旦停止されてしまいます。

カーシェアリングユーザーは、登録・利用時にクレジットカードを登録しているはずなので、お持ちのクレジットカード会社から発行する方が一番無難です。

ETCマイレージサービスはカーシェアでも適応されるの?

普段からETCを利用している方でも知らない人が多いのですが、ETCマイレージサービスに登録することで、無料通行分に還元できるポイントも貯まります。NEXCOの場合、10円につき1ポイントが付与され、5,000ポイントで5,000円分の無料通行分に還元できます。

こんなにお得なマイレージサービスですが、登録にはETCカード番号の他に、ETC車載器の車載器管理番号も必要なので、残念ながらカーシェアユーザーは登録することができません。例外として、家族所有の車は1台につき最大4枚まで登録できるので、同居の家族がETC車載器を持っている場合は、登録することができます。

カーシェアユーザーにおすすめ!ETCカードが発行できるクレジットカード

「持っているクレジットカードがETCに対応していない」「年会費や発行手数料がかかるのでできれば払いたくない」といったカーシェアユーザーにオススメのクレジットカードを紹介します。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

出典:クレディセゾン

セゾンカウンターで即日発行可能!

セゾンカードは、年会費無料でカードが発行でき、ETCカードも年会費無料で利用ができます。さらに、パルコなどに併設されているセゾンカウンターで即日発行、受け取りが可能です。

セゾンカードインターナショナルだけではなく、西友のウォルマートカードや、PARCOカード、SEIBU PRINCE CLUBカードなどのセゾン系列のカードも、ETCカードの発行が無料で行うことができ、セゾンカウンターでの即日発行にも対応しています。(一部カードの即日発行は対応していません)

クレジットカードとしての大きな特徴は、有効期限がない永久不滅ポイントが貯められる点が挙げられます。

EPOSカード

EPOSカード

出典:EPOSカード

クレジットもETCも年会費無料で発行可能!

EPOSカードは、クレジットカード、ETCカードの年会費が無料で発行できます。

EPOSカード自体は、全国のマルイやモディ内にある「エポスカードセンター」(一部店舗を除く)で即日発行が可能ですが、ETCカードは郵送で受け取ることになります。

クレジットカードとしての大きな特徴は、海外旅行保険が自動付帯する点や、マルイなどの店舗でお得に利用できる点が挙げられます。ゴールド・プラチナ以上だと、「ポイントアップショップ」を3つ指定することができ、そこでの買い物が常時ポイント3倍になります。これがスゴイ。

EPOSカードポイントアップショップ明細

店舗の変更や公共料金も指定できるので、普段はイオンなどのスーパーと公共料金、家電や家具など大きな買い物をするときはヨドバシカメラや大塚家具などを登録し使い分けると、年間で1.5%以上のポイントは確実に貯まります。

ゴールドの道のりも、支払い額ではなく、実績ベースで見られるためそれほど難易度は高くありません。

楽天カード

楽天カード

出典:楽天カード

楽天プラチナ会員以上は無料で利用可能

楽天カードは、カード自体の年会費は無料ですが、ETCの年会費は別途540円かかります。

しかし、楽天PointClubの会員ランクがプラチナ会員以上の場合は、年会費無料で利用ができ、年会費更新時もプラチナ会員であれば、継続して無料で利用ができます。

一見、プラチナ会員になるのは難しそうに見えますが、過去6ヶ月に楽天ポイントを2,000ポイント以上、かつ15回以上のポイント獲得があればプラチナ会員になれるので、楽天カードを利用で定期的に利用していれば、簡単にプラチナ会員のステータスは維持できます。

クレジットカードとしての大きな特徴は、100円につき1ポイントが貯まる高還元率である点や、条件次第で海外旅行保険が付帯する点、楽天でお得に利用できる点が挙げられます。

まとめ:カーシェアユーザーはETCカード必須!

  • カーシェアリングの車両のほとんどはETCに対応
  • ETCカードは、クレジットカードのオプションとして発行できる
  • ETC利用で割引など多くのメリットが享受できる
  • クレジットカードなしでも発行できるがデメリットが多い
  • 発行手数料・年会費無料のETCカードもいくつかある

多くのカーシェアリングの車両には、ETCのカードリーダーが標準装備で付いているので、お手持ちのETCカードをリーダーに入れるだけで利用が可能です。

基本的に、クレジットカードのオプションとして、ETCカードを発行することができます。発行手数料、年会費が別途発生する場合もありますが、セゾンカードやエポスカードなどは無料で発行することができます。

割引が適用されたり、スムーズに通行できるなど、お得で便利に高速道路を利用できるので、カーシェアでたまにしか高速道路を利用しない方にも発行することをオススメします。ちなみに、ETCカードは「カーシェアの忘れ物ランキング」でダントツに多いそうです。