遠いけど食す価値アリ!車でないと行けない沖縄有名ハンバーガー店まとめ

アメリカ文化が深く息づく沖縄県は、日本中でも類を見ないほどのハンバーガーの聖地。

A&Wを筆頭に、沖縄にしか無いハンバーガーチェーン店も数多くあります。そこで今回は沖縄本島で食べられる「名店」と言われるハンバーガー屋を取材。特に那覇市内から車でないと行けない隠れ家的なハンバーガー店をまとめてみました。

沖縄ドライブを楽しもうと考えている方は是非参考にしてみてください。

ゴーディーズ

ゴーディーズ(沖縄)の外観

中頭郡北谷町、嘉手納基地のそばにある「ゴーディーズ」。「食べログハンバーガー百名店」にも選ばれている名店です。アメリカのダイナーをモチーフにしたような店構えがとてもオシャレ。アメリカ人の方も多く訪れ、その味のお墨付きを得ているため、本場のような味を楽しめます。

ゴーディーズ(沖縄)パイナップルベーコンチーズバーガー

人気メニューは沖縄らしい「パイナップルベーコンチーズバーガーコンビ」。1,200円でハンバーガー・ポテト・ピクルス・ドリンクが付くお得なセットです。

バンズはもちもちとした食パンに近い食感が特徴。パティは炭火でジューシーに仕上げ、非常に肉肉しい。しかし臭みは一切ありません。トッピングではなく付け合わせとして皿に乗ったピクルスは、酸味控えめでハンバーガーを食べた後の口直しとして最適でした。

店員さんはタトゥーが全身に決まっており、一見強面に見えますが超クール。店の雰囲気とハンバーガーの味、西部開拓時代のアメリカにタイムスリップしたような感覚になります。

スポット ゴーディーズ
営業時間 11時00分~21時30分
電話番号 098-926-0234
住所 〒904-0111 沖縄県中頭郡北谷町砂辺100

駐車場 有り
クレジットカード 不可(現金のみ)

ウッディーズ

ウッディーズ(沖縄)

豊見城市にある「ウッディーズ」は、正確に言うとハンバーガー店ではなく「パブ」なのですが、まるでハンバーグを挟んだかのようなボリューミーなハンバーガーサンドが楽しめ個人的に超おすすめのお店です。「ファストフード」ではないため提供までに15~30分ほどかかりますが、その味はハンバーガーの常識をくつがえす逸品。

ちなみに店員さんのおすすめメニューは「BBQブルーチーズバーガー」。それがこちら。

ウッディーズ(沖縄)BBQブルーチーズバーガー

ハンバーガーの他にポテト・ケチャップ・マスタードが付いて1,000円。持ち帰りもできます。ブルーチーズを使っていますが、意外なことに臭いは控えめ。しかし、一口食べれば確かに広がるブルーチーズの風味とコク。使われているパティは超極厚でジューシー。ブルーチーズの風味に負けじとしっかりアピールをしてきてくれます。

バンズもグリルしているため表面はカリッと中はしっとり。おそらくバターが練り込まれている(又は表面にたっぷり塗っている)のか、まろやかさすら感じる不思議なバンズです。ちなみに、アルコールの販売もあるためおいしいハンバーガーを頬張りながらお酒も楽しむことができます。

スポット Woody’s International GastroPub & Grill
営業時間 11時30分~15時30分
18時00分~22時00分
電話番号 098-987-1505
住所 〒904-0111 沖縄県豊見城市豊見城566-8 1F

駐車場 有り(5台)
クレジットカード

氾濫バーガー チムフガス

氾濫バーガー チムフガス(沖縄)の外観

瀬長島にある「氾濫バーガーチムフガス」は、見た目のインパクトが強いハンバーガーが楽しめます。瀬長島は有名観光スポットなので、休日には行列ができることもあります。テレビ番組にも取り上げられたことのある有名店です。

店のすぐ前にイートインスペースがあり、その場でハンバーガーを食べることもできますし、持ち帰りを注文した場合はアルミホイルで包んで袋に入れてくれます。

氾濫バーガー チムフガス(沖縄)

こちらが名物の「氾濫バーガー」。1,100円とは思えないほどのボリューム感です。ベーコン、パティは共に背が高く、溢れんばかりの肉汁で下のパティはびしょびしょ。手だけを使って食べることはできないため、添え付けてあるフォークとナイフを使って食べていきます。正直味は・・・ですが、見た目で楽しむことができます。パティの肉汁がとんでもなく多いため、胃袋的にはかなり重たいです。

スポット 氾濫バーガーチムフガス
営業時間 11時00分~20時00分
電話番号 098-851-8782
住所 〒901-0233 沖縄県豊見城市瀬長174-6 瀬長島ウミカジテラス 1階4番

駐車場 有り
クレジットカード

美らテラス

美らテラス(沖縄)の外観

「車で行ける離島」として観光客から人気の集まる古宇利島の手前、美らテラス。沖縄名物「ラフテー」を使った沖縄らしいハンバーガーを売りにしているお店です。

美らテラス(沖縄)のラフテーバーガー

こちらが名物メニュー「肉厚ラフテーバーガー」。オーソドックスなバンズでラフテーを包んだだけという男らしいハンバーガーは、ハンバーガーとドリンクのセットで1,000円。古宇利大橋とエメラルドグリーンの海を眺めながら気分を満喫できます。

ラフテーとは醤油ダレでじっくりと煮込まれた豚の角煮。とても柔らかくジューシー。チェーン店のてりやきバーガーのような甘辛い味が後を引くおいしさです。ハンバーガーにラフテーを使っているということで色物バーガーかと思いましたが、予想以上にクオリティの高いハンバーガーでした。

スポット 美らテラス
営業時間 11時00分~18時00分
電話番号 0980-52-8082
住所

駐車場 有り
クレジットカード 不可

キャプテンカンガルー

キャプテンかんがるー(沖縄)の外観

最後に紹介するのは、沖縄でハンバーガー店を営んで10年以上という名店「キャプテンカンガルー」。こちらもゴーディーズと同様に「食べログハンバーガー百名店」に掲載されている超有名店です。外国人観光客のお客さんがとても多く、内装の雰囲気も沖縄に居ながらアメリカさながら。

キャプテンかんがるー(沖縄)のチーズバーガー

こちらはキャプテンカンガルーの「チーズバーガー」。見ての通りバンズとパティとチーズのみ。素材だけで勝負するシンプルなバーガーです。他にもテリヤキや王道のハンバーガーなど豊富にメニューがありますが、店員さんの話だとこれが一番人気のようです。

セサミバンズはこの分厚さながらしっかりトーストされ、カリカリでありながら中はフワフワ。噛むたびにゴマの風味が広がっていきます。チーズはカリカリの部分とトロトロの部分の塩梅が非常に良く、シンプルながら食べる場所によってアクセントが異なります。

パティは他の店に比べて小振りですが十分にジューシー。肉本来のうま味をしっかりと味わうことができます。

スポット キャプテンカンガルー
営業時間 11時00分~18時00分
電話番号 0980-54-3698
住所 〒905-0006 沖縄県名護市字宇茂佐183

駐車場 有り
クレジットカード 不可(現金のみ)

ハンバーガーファンは沖縄へ!

個人的な話になりますが、私はハンバーガーが「大好き」です。高校生・大学生の頃はマク〇ナルドでアルバイト。社会人になった今でも新発売が出るたびにハンバーガーを楽しみ、旅行に行くと必ずご当地ハンバーガーを食べるようにしています。そして沖縄は国内でも有数のハンバーガーの聖地。

個人経営のハンバーガー店は、店の雰囲気づくりから商品のクオリティまで完璧で、時間が許せばもっとゆっくりしたいと感じる場所ばかりでした。

沖縄のハンバーガーは軽食ではなく「食事」として食べられるボリューム満点の物ばかり。沖縄料理を楽しむ旅行も良いですが、「沖縄ハンバーガー」をドライブしながら回るのもまたおすすめです。